トップページ > 品質へのこだわり

品質へのこだわり

想いを映す“めでたもの”品質。

感謝の気持ちや心づかい、思い入れやこだわり…。人生のハレの日や大切な記念日をお祝いするシーンにある、目には見えない想いをかたちにしていくことが、わたしたちのものづくりの原点です。
一生に一度の特別な日にふさわしい品質を。かけがえのない思い出の品として長く美しく残しておける品質を。そうしたわたしたちの想いも、すべての商品に息づいています。


手間ひまかけた商品開発。

“めでたもの”には、特許を取得した商品をはじめ、特別な一日を彩るオリジナリティいっぱいの商品が揃っています。
今までにないもの、わたしたちにしかできないものを生み出していくために、独自性を追求した企画・デザインに始まり、妥協のない素材選びから試作・改良を重ね、時間をかけて商品化しています。納得がいく仕上がりになるまで何度もサンプル素材を取り寄せたり、素材からインスピレーションを得て新しいデザインを生み出したり。試行錯誤を繰り返す中で商品として世に出ていくのは、試作品のほんの2割程度です。

独自性を追求する商品
顔の見える国内加工。
安心、安全、国内加工へのこだわり

“めでたもの”品質を支えているのは、顔の見える職人さんたちとのきめ細やかな仕事です。
印刷や刺繍、縫製などの加工は、すべて国内の、しかもすぐに足を運べる近い場所で行っています。高い品質を保ち、お客様のご要望や思いがけない問題にも柔軟に迅速にお応えしていくために、現場との協力体制を大切にしています。

職人さんが手仕事で刷り上げるシルク印刷。

指で触れるとわずかに段差がわかるほどインクの層が厚く、光沢感を持たせることができるシルク印刷。発色も良く独特の美しさと存在感があり、ゴージャスな印象に仕上げることができる印刷方法です。ペーパーアイテムの家紋シリーズは贅沢な高級紙と別注インクを用いたシルク印刷で、その道20~30年の職人さんが一枚一枚手で刷り上げています。

国内の職人によるシルク印刷

針運びや向きを研究し尽くした贅沢な刺繍。

特許取得商品の寄せ書きウェルカムボードなどに用いている刺繍は、日本刺繍の繍切り、割繍い、肉入れ繍いといった昔ながらの手法を参考にしています。針の運びや向きを研究し尽くして表現した美しい光沢は、とても贅沢なイメージ。一般的に衣料品の背中で使われている大きな刺繍柄の針数は2~3万針ですが、寄せ書きウェウカムボード「Art with messages」は総針数16万8千針(例:雅 さくら 70個Mの場合)。驚きの針数が施されています。

密度の高い、高品質な刺繍
心を込めて検品・梱包。
検品・梱包も慎重に作業

お届けする商品は、破損がないか、部品が揃っているか、名前入れのお名前に間違いがないか、などを入念にチェックして、必ずお届け先の読み合わせを行います。ウェルカムボードなどのガラスが付属する製品は、配送時に破損などがないよう特に慎重に梱包しています。

“めでたもの”をお選びいただいた感謝の気持ちを忘れず、商品がお手元に届いた時のお客さまの笑顔を思い浮かべながら、一つ一つ心を込めて発送しています。